2021/04/28

風俗で気をつけるべき性病

風俗で遊ぶとなると性病が気になるかもしれません。
どんなタイプの風俗であっても性病にかかるリスクは存在しているのです。

風俗で感染するリスクのある性病とは?

風俗では風俗嬢と裸の状態でさまざまなプレイをすることになります。
フェラチオや素股といったプレイでは男性と女性の性器が接することになり、濃厚なプレイをしていれば性病に感染するリスクがあるのです。
風俗で感染する可能性のある性病としては下記のようなものがあります。

・クラミジア
・淋病
・コンジローマ
・梅毒
・エイズ

これらの性病についてはほとんど自覚症状のないものから、最悪の場合は死に至るような怖い病気まで含まれているのが特徴です。
ただし、風俗で遊んで絶対に性病に感染するわけではなく、仮に性病持ちの風俗嬢と遊んだとしても性病にかからないこともあります。
それでも、きちんと対策をしておかないと常に性病のリスクにさらされることになるため注意しましょう。
性病について正しい知識を持つことによって、安心して風俗で遊べるようになるのです。

風俗で性病を防ぐ方法

基本的に性病は粘膜同士が接する際に移される可能性があります。
したがって、直接粘膜同士が接するようなプレイを避けていれば、風俗の感染リスクはほとんどなくなるでしょう。

たとえば、手コキだけをしてもらう場合に性病に感染するケースはほとんどありません。
キスをする場合、相手の口の中に性病のウイルスがあるとそこから移されるリスクがあります。
フェラチオやクンニ、素股といったプレイも性病の感染リスクを高めることになるのです。

コンドームをつけましょう

もし、性病のリスクの高いプレイをしたい場合はコンドームをつければ良いでしょう。
コンドームをしていれば、粘膜同士の接触を避けることができるため、性病の感染リスクをかなり軽減できます。
そのため、風俗で性病が怖い人は常にコンドームを使うことをおすすめします。
ただし、コンドームを正しく使わないと性病のリスクを逆に高めてしまうケースがあるため注意しましょう。
コンドームには表裏があるため、間違えないようにしてください。
必ず新しいコンドームを使うようにして、しっかりと性器と密着させます。

性病検査の有無を確認

また、風俗店を選ぶ際には、性病検査をきちんと実施しているお店を選ぶべきです。
性病検査を定期的に行っていて、衛生管理もしっかりとしているお店であれば風俗のリスクは軽減します。
ただし、どれだけ気をつけても性病に感染するリスクはあるため、性器や口内に何らかの症状が出ていないか常に意識すると良いです。
少しでも異変を感じたのであれば、すぐに性病科を受診すると薬を処方してくれるため、酷い症状が出る前に対処できます。